下取りに出すよりもバイク買取店に売る方が良い

subpage01

乗らなくなったバイクを処分したいときに、バイク販売店に下取りに出すか、バイク買取店に売りに行くかで悩む方は少なくありません。どちらにするかで迷ったときは、自分にとってメリットの多い方を選びましょう。
バイク販売店に下取りに出す際のメリットは、古いバイクを売ったお金を、即座に新しいバイクの購入に利用できることです。
売ったお店で新しいバイクを選び、購入したら、それに乗ってすぐに帰ることが出来るため、古いバイクの処分と新しいバイクの購入が一度に行いたい方におすすめです。



下取りには、新しいバイクの値段を安くしてもらうための交渉にも利用できるというメリットもありますが、バイク買取店で売却したときに比べると、下取り価格の方が安い場合が多いので、それがデメリットになります。バイク買取店には中古バイクを売るための独自の販売ルートがありますが、一般のバイク販売店にはそれがないので、売却したいときは他の業者を挟まなければならず、中間マージンが発生してしまいます。

目的に応じて朝日新聞デジタルの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

下取り価格が安くなってしまうのは当然のことといえるので、少しでも高く買って欲しい場合は、バイク買取店を選んだ方が良いでしょう。それに下取りの場合、あまりにも古い製品や、故障の状態によっては値段がつかないことがあります。



しかしバイク買取店なら、古いうえに故障していたり、まったく動かないものであっても、部品調達などの目的で買ってくれるところが多いので、安心して売りに行くことが出来ます。